エシカル社会を目指すことは!

  • 2019.01.10 Thursday
  • 21:05

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

こんばんは!TAKAOです。

 

今日のテーマはエシカル社会を考えてみようだね。

 

 

そもそもエシカルとは、ということだが

もともと、英語では倫理的なという意味を指すが、

 

いまでは、人や社会、地球環境、地域に配慮した

考え方や行動を表わす言葉として定着したのかな。

 

そして、エシカルという考え方は、自然と人と動物たちが

うまい具合に共存できる社会を目指しているんだね。

 

ここで気になるのは、環境省発表の「環境省レッドリスト」だ。

 

日本には、現在わかっているだけで

9万種以上もの多様な生きものが生息しています。

しかし、その多くは人間の活動によって

生存がおびやかされています。

 

これまでの長い地球の歴史の中で、

生きものの絶滅は自然に起こってきましたが、

現在は、かつてないスピードで、多くの生きものが

絶滅しつつあります。

 

大昔に繁栄した恐竜達のように、

生きものはいったん絶滅してしまうと、

二度と地球上に戻ることはありません。

 

また、それぞれの生きものは自然の中で

密接につながっているので、ある生きものの

絶滅によってバランスが崩れ、

自然環境全体に大きな影響を与えてしまうことになります。

環境省

 

これって恐ろしいことだね!

地球上で多様な生物が暮らしているんだが、

 

絶滅種が増えることによって

バランスを崩し、人間までもが生存が危ぶまれるってことだ。

 

 

また、そこには、絶滅のおそれのある野生生物(絶滅危惧種)

として 3,155種がリストアップされていることですねぇ。

 

そして、特に重要で危機的状況はそのスピードですね。

かけがえのない地球で暮らしている全生物の・・・

 

種の絶滅速度

1975年以前は、1年間に絶滅する種数は1種以下でしたが、
現在は1年間に4万種もの生きものが絶滅していると言われています。

 

 

他人事では済ませられない、私たちが暮らす地球環境。

それもこれも私たち人間が住みやすいように

 

環境破壊や、乱獲、また化学肥料などによる環境汚染などにより

生物たちの環境を省みないで来てしまったことが

大きな要因として挙げられるのでしょうね。

 

エシカル社会運動は、私たち一人一人が自覚して、

押し進める必要があるのでしょうね。

 

 

 

 

 

夢に向かって!

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 20:33

JUGEMテーマ:こころ

 

こんばんは!TAKAOです。

 

今日は夢について、考えてみよう。

 

はるか昔から人類は夢を見てきた。

一分一秒休むことなく今日まで進んできた。

 

 

それは今でも、この瞬間でも変わらない。

 

こんなものがあったらいいなぁ。

こんな乗り物があったらいいなぁ。

 

こんな物!こんな道具!こんな機械!

などと夢見て暮らしてきた。

 

その恩恵に与かって、今この瞬間を暮らしている。

 

云わば夢見る人たちがいなかったら

これほどまでの高度な文明は築いていなかっただろう。

 

 

さあ、夢見る種族になろう。

とことん夢を描いて進んでいこう。

 

されどもだ。

されども何を夢見て、

何の夢を描いて歩んでいくのか!

 

ということがとても大切な人生の課題だと思う。

21世紀のね。

 

それは、

外的な物や形の夢ではなく、

内的なものだと思う。云わばかたちの現れないもの。

 

外的な物や形を生み出してきた根本のもの

精神的、心の中味といっていいでしょう。

 

この夢どんな夢?!

絶対多数のしあわせ感です。

幸福がいたるところで満ち溢れている世界です。

 

宗教という軸ではなく、

宗派を乗り越えたしあわせ感です。

 

この夢を実現させるのだ。

今日はここまで!

 

 

 

 

 

 

 

おまじない!

  • 2019.01.08 Tuesday
  • 20:13

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

こんばんは!TAKAOです。

 

今日はおまじないについて考えてみた。

 

これ神の目の画像。

願い事がかなう。

 

 

NASAが撮った宇宙写真で、「神の目」は3000年に

一度しか見られない神秘的な現象らしい。

 

この目を見つめる人に奇跡がもたらされると

言われている。

スマホの待ち受け画像に使うと、

恋愛だけでなく物事全般に効果があるらしい。

 

こちらは、
仕事で二度とミスをしなくなる待ち受け画像ということ。

 

 

信じる、信じないは人それぞれでしょうけど。

何かすがりたい、誰かにあやかりたいとか、

 

また、支えてくれるものがあれば欲しい欲求は

共通して人間心理の中にある証明かも知れませんね。

 

この2点の画像も望む効果を得られている人たちが

たくさんいるということですね。

 

やはり、信ずるものは救われるんだ。

 

 

 

 

 

何が何だかわからなくても生きている!

  • 2019.01.07 Monday
  • 21:08

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

こんばんは!TAKAOです。

 

今日の記念日は

七草粥を食べる日

 

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、

万病を除くおまじないとして食べる。

 

平安時代の頃より始められ、

おせち料理で疲れた胃を休め、

野菜が乏しい冬場に不足しがちな

 

栄養素を補うという効能もある。

そして、この文化が江戸時代より一般に定着した。

 

こんな感じのお粥ですね。

 

先人たちの生活の智慧を感じます。

 

まあ、そんな年中行事というか、恒例行事というか

まったく意識せずに今日を過ごしました。

 

温故知新です。

テレビも、スマホも、ゲームセンターも無い時代に

 

生活に変化をつけることや、

身体のことを気遣う文化が

あったんですね。

 

医食同源ではありませんか。

 

 

 

不思議なことがいっぱいある!

  • 2019.01.06 Sunday
  • 21:03

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

こんばんは!TAKAOです。

 

自然界の不思議さを知りました。

 

 

ヒマワリの種にもある数列が隠されているって

知らなかった。

 

種の中央からある数の法則によって

らせん状にどのヒマワリも従っていることを。

 

松ぼっくりもそうらしい。

自然界の驚異ですね。

 

 

これはフィナボッチ数列という「法則」。

13世紀イタリアの数学者、フィボナッチが発見した

ので、それにちなんで名づけられた法則。

 

これは巻貝の形を数で寸法を測ってみたら

こんな感じ。

ここにもフィボナッチ数列に隠されている。

 


この数列は、1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89

のように直前の2つの数の和が次の数となり、

 

隣り合う数の比は限りなく黄金比に近づいて行く。
例 5÷3=1.6666、8÷5=1.6、13÷8=1.625・・

55÷34=1.6176と

 

黄金比とは、最も美しく見える比率 1:1.618です。

絵画や建築など幅広く採用されているそうです。
 

黄金比というのはだいぶ昔学校で習ったような

氣がしているが、こうやって改めて知ることで

 

自然界が神秘的で、驚異的なのが凄い。

人智では図れない創造主の意図が感じられて

涙がこぼれそうになったよ。

 

フィボナッチ様、

こんな研究をしていただいて

ありがとうございます。

 

あなたはフィナボッチ数列って知ってましたか?

 

今まで生きてきて知らないで過ごしてきた。

おどろきもものき山椒のきです。

 

やはり、こういうところにも人間だけが

勝手に生きているのではないと

自覚させられることで

 

生きている意味、生かされている意味を

今更ながら深く考えさせられますね。

 

知見は限りなく続くことを再確認でした。

あいうえおの詞

  • 2019.01.05 Saturday
  • 20:55

JUGEMテーマ:

こんばんは!TAKAOです。

 

今日は詞を作ってみました。

 

          あいうえおの詞

 

         愛を植えよう

         あいうえお

         愛に生きよう

         あいうえお

 

         垣根を越えて

         かきくけこ

         重ねて越そう

         かきくけこ

 

         何があっても

         なにぬねの

         何の根っこか

         なにぬねの

 

         母の母乳で

         はひふへほ

         歯が抜けそれでも

         はひふへほ

 

         丸い世界に

         まみむめも

         まめに暮らせよ

         まみむめも

 

         やがて実になる

         や ゆ よ

         矢面立って

         や ゆ よ

 

         来世も輝く

         らりるれろ

         爛爛まぶしい

         らりるれろ

 

         輪の中入って

         わ   を

         和輪で世界は

         わ   を

 

         んんんんん

         で御仕舞い

 

 

へぇ〜えっと驚いた、感動した!

  • 2019.01.03 Thursday
  • 21:13

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

こんばんは!TAKAOです。

 

今日は異色の経営者のお話です。

 

服部玲央さん、41歳

小学校は6日通って登校拒否だそうで、結果小学校中退。

 

 

これだけだと、完全落ちこぼれで

人生まっしぐらの優等生のような気がするが・・・

 

ところが、この人の凄いところはその後、

非行人生から施設への強制収容を経て、

15歳の時にスーパーマーケットで仕事始めてから、

 

昔、一時期トレンドでもあった仕事人のように、

週7日、毎日14時間働きどうしで

地域で話題になるほど頑張ったんだって。

 

そりゃ『異常な熱意で働くスタッフがいる』

と評判になるね。

 

漢字も書けずに、履歴書も手書きで

お願い文みたいなものだったらしい。

 

これだけだと採用はほとんど無理みたいなんだけど、

この服部さんの凄いところは、勝手な思い込みで

 

みんな断られるところからスタートして、

そこからやる気を見せて採用してもらうんだろう、と

思い込んでいたところだね。

 

そして、スーパーに面接に行ったエピソードもまたユニークだ。

スーパーだから、何となくすごそうと思ったんだそう。

こんな発想はおおいに見習うべきかもしれない。

 

こちらはそのがむしゃらぶりが見込まれて、

引き抜かれて次に勤めたコンビニ。

 

ここから、経営者としての道が開かれていった。

 

 

一般常識も分からないし、

漢字もかけない、

計算も出来ないけれど

 

スーパーの仕事からすべてを学んで

いったことの素晴らしさ。

 

そして、接客があり得ないほど親切な人と、

スーパーのお客の間で話題になっていったこと。

 

この事が後の服部さんの経営者としての

人生のベースになって行ったんだろうね。

 

 

商売の鉄則を誰に教えられることなく

自らの実践を通して身につけて行った偉さは

またわたくしの教訓となりました。

 

『お客様に喜んでほしいという気持ちだけでやり続けたことです』と

服部さんの言葉は身に沁みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界に一人しかいない人!!

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 13:05

JUGEMテーマ:こころ

 

こんにちは!TAKAOです。

 

 

刻一刻と時間は過ぎて待ってはくれない。

当たり前の事ですが、

あっという間に年明け二日目になりました。

 

お正月の過ごし方は皆さんそれぞれに違うと思います。

家で一年の計画をじっくり練っていたり、

炬燵で年始番組を見ながら一杯やっていたり、

 

又、家族で旅行に出かけたりする人もいるでしょう。

故郷へ帰省してお袋さんの手料理を食べているとか。

 

百人百様あると思います。

それがいいですね。

 

されど、それぞれがそれぞれに過ごす時間の使い方で

人生の果実の大きさも、中身も違うものになることは確か。

 

あなたはこの正月どんな過ごし方をしていますか?

 

どんな時間の過ごし方でも良いと思いますが、

一番大事なことはその過ごす時間が

 

英気を養うための時間かどうかによって

これからの人生の弾みが違ってくるということですね。

 

平成最後の正月だと思うと、感慨深く、

何かしらん、意味深いような氣がするですね私は。

 

 

確かに今年は大きな時代の潮流が押し寄せてくるような

予感がしています。

 

新しい年号と共に。

物が街中にあふれ、情報があふれ、SNSが日常になり、

貧富の差もより一層拡大して、人生という道が見えなくなり

 

何が幸せか?など考えなくても、暮らせる空虚な時代。

こんなことを考え出すと、昏くなって落ち込みそうなのでやめよう。

 

あなたもわたしも世界で一人しかいないのだから、

毎日、気持ちが通い合う仲間とワクワク、キラキラ

 

ドキドキ胸弾むことを考え、行動して、

生きていることに感謝して生きていきましょうね!

 

 

 

 

 

2019年新しい年を迎えて!!

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 05:31

JUGEMテーマ:日常

 

おはようございます!TAKAOです。

 

2019年新しい年を迎えまして、久々の投稿です。

やはり、物事の解釈も、氣の持ちようも、

己が捉え方次第ということで、

新しい年号を迎えて、今更ながらに実感しております。

 

毎時毎時の積み重ねが大事だと分かっていても

些事にかまけて、集中力を欠いてしまう。

 

いやいや反省の日々です。

されど、こう云う機会は滅多にないので

便乗という便利な乗り物であやかりましょう。

 

ありがたいありがたい。

ありがとうございます。

身も引き締まる思いでございます。

 

改めてまして、

明けましておめでとうございます!

 

まず、日本中の誰かに何かをお届け出来るように、

人生のちょっとしたヒントになったり、

多少の刺激で生きるのに役に立つように

鋭意努力してまいりましょう。

 

一年間の月日が分かる暦を机の前に貼り、

元旦の日にしみじみと眺めてみると

 

この2019年は更なるステージに向かって

邁進してきたんだなぁというのが

実感として伝わってきます。

これからの旅立ちなのにです。

 

そういう意味では、まだ始まっていないのに

ワクワクドキドキ、ニヤニヤウンウン、と

自分納得で顔が得意げに自然とほころんでいる。

 

年の初め、そして物事の始まり

やはり引き締まって希望に満ちてうれしくて

良いですね。

 

今年もまたよろしくお願いします。

 

 

 

 

この世に置いていくものは何だろう!

  • 2018.12.02 Sunday
  • 10:44

JUGEMテーマ:こころ

こんばんは!TAKAOです。

 

今日はこんなことを考えてみた。

 

昨今は人生100年時代と聞いて驚かないようになった。

世間でも普通に、当たり前に時代になってきた。

 

 

この寿命が延びたのには、いろんな要素があると思う。

まず生活環境の変化、食事の変化、医療の進化などが、

 

でも今日のテーマは寿命が延びたことではないんだよ。

 

「この世に何を置いていくかだ」

寿命が延びれば置いていくものが多いかもしれないから、

そんなことを考えてみたんだ。

 

当方は人生100年時代のちょうど折り返しを

少し過ぎたところの年齢でありますから、

まだまだこの世でやることがたくさんあるんだ。

 

置いていくもの。

 

家や土地、現金、宝石類、その他の物質諸々。

こんなものはあの世に持っていけないので、

この世でもそれほど価値のない物だろうと思う。

 

この世に残して、置いて行って価値のある物は

生きてきた証としての、生きる姿勢、考え方を記録したものや、

みんなの為になる良い影響を与える著作物などか。

 

良い心、善い心、好い心なんだと思う。

 

生きてきて今死んでしまう、この世を去ってしまうけど、

大勢の人たちを救ったとか、役に立ったとかなんだね、

 

感謝と喜びを与えられたと、心底思える人生だったなら、

やはり、この世で置いていくものとしては

 

最高に価値のあるものではないだろうかね。

 

こういう心境で生きるためには、

意識を高め次元をあげる必要がある。

時間は自然に経ってしまうものだから。

 

では次元をあげるとはどういうことなのか?

 

自然界で見れば高度を上げて景色を見ることかな

 

 

高い位置から見れば見えるものが違ってくる。

距離の遠い物まで見渡せるようになる。

 

この原理を心で実践していったとしたら、

人間が悩んだり苦しんだり、

人のことが気になって仕様がないなど、

 

些細なことなどは見えなくなって

人間社会を俯瞰して眺めることが出来るのではないだろか?

 

所詮、

人間関係でのストレスは取るに足らないものではないか。

そんなことを考えれば、負の部分、陰の部分、非の部分に

人との関係で悩み苦しむことではなく

 

寧ろ、

大きく拡大していくのは正の部分、陽の部分、是の部分だろう。

そういう生き方を通して死んで逝ければ、本望だと思う。

 

実践してみる価値があることは、

自分を見ている自分を、

背中と頭の上3メートルぐらいで意識してみる、想像してみる。

次にもっと高いところで見ている自分を意識してみる、想像してみる。

 

これだけで次元をあげる意味が分かってくるはずだ。

意識の次元を上げることでこの世に置いていくもの

みんなの役に立つものの総量が決まってくるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM